パーティの音楽2

2017.10.15(16:41)

 社交ダンス・ワルツか社交ダンス・松本というサークルが主催するパーティでは一時期「曲名当てクイズ」というのをやっていました。パーティでかかる音楽の曲名がわかったら受付に行ってその曲名を言うのです。正解であれば景品がもらえるという趣向ですが、これがなかなか難しいのです。いつもリズムには敏感になっていますが、曲名までは意識していないので、なかなか答えられないのです。CDのジャケットなどを見ながら曲名も正確に覚えたいものです。

カラオケタイムのあるパーティに行ったことがあります。
ダンスが踊れるカラオケ曲はたくさんあって、パソドブレ以外何でも踊れるのではないでしょうかね。
しかし、素人が歌うカラオケに合わせて社交ダンスをするのは至難の業です。
素人はとてつもなくリズム感がなくて伴奏にあっていない人が多いのです。ボーカル曲がリズムを若干変えているために踊りにくいのはわかっているけど、全然リズムから外れていたら普通踊れないでしょ!ボーカル曲でリズムが取れない時はバックの伴奏を聞けと言いますが、カラオケはボーカルの音がやたら大きくて伴奏の音が聞こえません。マイクを握っている渡辺真知子さんは得意になって歌っていますが、踊っている人たちは「迷い道」です

パーティで踊っていると急に歌謡曲が流れてくることがあります。それまで貴族にでもなったかのような気分で広い豪華な部屋で紳士と淑女が踊っている姿をイメージして踊っていたのですが、歌謡曲が流れると、「あれっ?なんか違うぞ」という気持ちになるのです。おい、おい、ここはスナックかよ。場末のスナックのようなイメージ。この落差は大きいです。確かにワルツ、ルンバ、チャチャチャなどのリズムの曲ですが曲想が全然違うのですね。
こんな曲で踊っていられるか、と思いつつ仕方なく踊っていると、どこからともなく歌声が!! お相手の女性が口ずさみながら踊っているのです!!その女性にとってはいつもカラオケなどで歌っている心地よい音楽ということなんですね。これが始まると男性のリードは上の空で歌謡曲の世界に入ってしまうのです。おい、目を覚ませ、ダンスの世界に戻れ、と思って得意のステップを仕掛けてもリードはことごとく伝わらずぎこちない動き。
気まずい思いの中、曲が終ってしまう。男性はリードが伝わらず悔しい思いで「ありがとうございます」という。
だが、男性諸君!ここでくじけてはいけない。失敗は成功のもと。「歌謡曲が好きなんですね。私もあの歌は好きなんですよ。今度一緒にカラオケに行きましょう。」などと言ってきっかけを作ることもできますね

note
音楽性が高いが難しい音楽が流れるパーティ=バンビーノ、諏訪市ダンススポーツ協会
歌謡曲が流れることがあるパーティ=岡谷の南信系サークル、こまくさ、ロマン

(同じ会場、同じ時間帯でパーティを開くのに、一方のサークルはたくさんの来場があり、他方は閑散としているとしたら、それはダンス曲の選び方に問題があるのかもしれませんね。)
社交ダンスの雑談 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]

  1. パーティの音楽2(10/15)
前のページ 次のページ