社交ダンスロボット

最近は科学技術の進歩が目覚ましいですね。
コンピューター、通信、生命科学、宇宙開発、リニアモーター、車の自動運転など数え上げたらきりがありません。
社交ダンスをのんきに踊っている間にも、世の中はどんどん進化して、何が身の回りで起きているかも知らないままに年齢を重ねている状況でしょうか。せめてパソコンやスマホの扱い方を習得して最新情報を得られるようにしたいものです。

さて、ロボットの分野でも溶接や組み立てなどの産業ロボットから生活に密着したロボットへと開発が広がってきたようです。

そこで社交ダンスのパートナーとしてのロボットが存在するものかと検索してみたところ、ナント、ナント、茅野市の野村ユニソンという会社が2005年の「愛・地球博」に出品したというのだから、驚きです。
robot01.jpg 画像は同社のHPより引用

一体ロボットパートナーはどんな動きをするのかと思ったらこれもYoutubeに動画がありました。

  動画1、  動画2、  動画3 ←クリック

この動きを見るとスカートの下に車輪があって移動できるようです。腕も男性の背中に手をまわして上手にホールドしています。ただ、素早さ、バランス、体のしなやかさという点ではまだまだです。
このロボットが今はどうなっているのか、私は野村ユニソンに質問してみました。
その結果「相当な時間を稼働させて来た経緯もあり、現在はメンテナンス等の理由上、稼働をさせていません。従い、踊ることは不可能な状況に御座います。」という回答を得ました。残念です。もし今でも稼働できる状態にあったらこのブログで大見学会を呼び掛けて、皆さんと一緒に見に行こうと思っていたのに残念でした

むしろホンダが開発したアシモ君のほうがプログラム次第ではパートナーになってくれそうです。

img_asimo2011.jpg

現在は実用的なダンスパートナーとしてのロボットは開発されていないということですが、介護・介助ロボットのように人手不足の分野ではサービスロボットとして開発が進められています。その技術がダンスパートナーロボットにも応用されて、人間以上に上手に踊るロボットが開発されるのではないかと想像しています。

私が期待するパートナーロボットはしなやかに動き、触った感触が人間の皮膚と同じようで、体温も感じられること。

リーダーの動きをいち早く感知してアクションを取ってくれること(リード&フォロー)。

例え私のミスリードでも立ち止まったり、怒ったりしないこと(ロボットに怒られたら落胆が大きいです

パーティモードとティーチモードの切り替えがあって、パーティモードではリーダーの動き・くせをすぐ覚えてそれに合わせて踊ってくれ、ティーチモードでは正しい動きでステップを踏んでくれること。(人間の場合、この切り替えスイッチのない人がいるようです。パーティでの教え魔はその典型?) パーティではロボットも一緒に楽しんで!

話しかけたらにこやかに応えて会話ができること、など要求は高いです。

完成度の高いダンスロボットが開発されると、競技会にもロボットが出場してくるかもしれません。
まさか、と思う人がいるかもしれませんが、昔、将棋や囲碁では駒や石の指し手が無数にあるので、コンピューターは人間に勝てないと言われていました。しかし最近はトッププロがコンピューターと勝負をして負けるようになってきました。
ダンスロボットもセンサー技術、人口関節や筋肉などの動作機構の開発、素材の開発、そして人工知能AIの発展により人間を超える日が来るのではないかと思います。
そうすると今はプロ、アマ、プロ・アマなどで競っていますが、これにロボットが加わって、プロ-ロボ、アマ-ロボ、ロボ-ロボ戦などが出てくるでしょう(゚∀゚)。パーティでは複数のロボットアテンダントがいて、壁の花、壁のシミは死語になるかもしれません。

もしそのように会話もでき、もちろんダンスが上手で、美男美女のダンスロボットが開発されても、やはり私は人間のパートナーがいいです。何ででしょうね?37兆とも60兆とも言われる細胞から構成される人間への尊敬からなのか、何十万年前から進化を遂げて今のダンス文化を作ってきた人類への礼賛なのか、完成されすぎた機械=ロボットへの畏怖なのか(ロボットに叱られるのが怖いよ)、とにかく人間のパートナーのほうがいいです。長~い時間の流れの中、広~い空間の中で、二人の男女が出会い、ほんのわずかな時間と空間を共有し、人間のぬくもりを感じながらダンスを踊る、この幸せを大事にしたいものです

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

rumbawalk

Author:rumbawalk
諏訪に住む60代のダンス愛好家です。

今年に入って6人の協力者とともに社交ダンスボランティアを始めました。
ダンス技術の習得、その集大成の競技、デモ、トライアルが盛んですが、ダンスボランティアを始めるとダンス技術の習得やリズムに乗る気持ちよさ以前に相手を思いやる心とか、目の前にいる人・人生を理解することの大切さを思い知らされます。

最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス数
検索フォーム
リンク
QRコード
QR