パーティ音楽1

2017.10.11(22:49)

社交ダンスにとって音楽はとても重要ですね。先日のパーティでもラストダンスの曲がなかなか出なくて、中断。音楽が無ければパーティが一向に進行しないのです。音楽によって忙しく踊ったり、ゆったり踊ったり、情感豊かに踊ったりと、その場の雰囲気を決定づける重要な要素だと思います。

パーティの主催者はパーティのシーンに合わせて音楽を選んで編集しているのだと思います。
例えばラテンの曲ばかりが続かないようにとか、次々と人が交代できるように1曲2分くらいに押さえるとか、1分間ダンス用には1分間で収めるとか(これは当たり前ですね)。また、ヴェニースワルツのようなダンスは参加者の年齢と技量を考えて若干テンポを落として踊りやすくしているようです。主催者、音楽編集者には感謝、感謝です



たまに、4分、5分の曲がかかると大変です。体育館のような広いところで1周以上も踊っているのにまだ演奏が鳴りやまずにいると、「この曲、長いね」などと踊っている人の間からひそひそ話がしてきます。男性からすると、1曲1曲が真剣勝負、知っている限りのステップをつないで他人とぶつからないように踊っています。しかし曲が長いとステップの種切れを起こして同じステップの繰り返しになって疲労感も手伝い、緊張感は途切れ、惰性で踊ってしまうのですね。反省

たまには映画音楽がかかることもあります。私たちが育った青春時代はまだまだ映画館がたくさんあり、娯楽の主流でした。ただ私はお小遣いの余裕がなかったので料金の安い映画館、すなわち昔の名画ばかりを上映するような映画館(具体的には札幌の有楽地下)で「鉄道員」「禁じられた遊び」「ひまわり」「ブーベの恋人」「ローマの休日」等々片っ端から見ていました。ですから私の頭には映画のシーンと映画音楽がセットになって記憶されているのですが、パーティで映画音楽がかかると、映画のシーンや青春時代のことが甦ってくるというわけです。そのころの映画音楽はスクリーンミュージックと言って情緒のある名曲が多かったですね。私的にはもっとこのような映画音楽、できればサウンドトラック盤でかけてほしいですね、踊れるかどうか自信はありませんが。

ワルツの曲などでボーカルの入る曲がありますね。ムーンリバーなど有名な歌手が甘い声で情感たっぷりに歌っていて黙って聞いているのはいいですが、いざこれに合わせて踊るとなると大変です。歌手はベースのテンポ通りには歌わず、少し遅らせたり、リズムを変えたりして歌っているわけですが、この微妙なボーカルに合わせて踊る訳にはいきません。バックで流れるテンポに合わせて踊るだけでは「ワン ツー スリー、ワン ツー スリー」のような単調な踊りになってしまいます。従ってボーカルを聞きつつ、その情感をくみ取り、単調なリズムにならぬよう緩急をつけつつ、大筋ではリズムを外さずというように踊っているのですが、果たして私のリズムの取り方が女性に伝わっているのでしょうか?踊った後で「ああ気持ちよかった」と言ってもらえるようなリズムの取り方、踊りをしたいものです。(続く)



社交ダンスの雑談 トラックバック(-) | コメント(0) | [EDIT]
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する