花より団子、ダンスより団子?

 主催者が飲み物を提供するのは一般的ですが、食べ物を提供してくれるパーティも人気があります。
お菓子、漬物、お寿司、煮物、果物、デザートなどいろいろです。中には「夕食が出ますから食事をとらないで来てください」というパーティもあります。お仕事帰りにパーティに参加してくれるのだから、少しでもお腹を満たして踊ってほしいという
主催者の気持ちが表れています。
独断と偏見で食べ物で人気のあるパーティをランキングするとイルフ、下浜、ロマン、千鳥がAクラス。次にアヤメ、コスモ、スパイラル、ワルツ、松本などが続きますかね。

この食べ物の費用捻出は大変でしょうね。私が行くのは会費1万円とか1万5千円のディナー付きパーティではありません。会費500~1000円程度のパーティの話ですから。それに食事の準備や後片付け、その苦労を考えると主催サークルの会員さんたちに感謝、感謝です。

参加者たちはどこそこのサークルのパーティは食べ物がいい、などの情報を知っていて、どこからともなくたくさんの人が集まってきます。

例えばイルフのパーティのお食事タイムはこんな感じで進行するのです。

その日、「皆、食べ物に釣られてパーティに行くのかよ」などと思いつつ、駐車場からイルフプラザへの長い連絡通路を歩いて私の足も彼ら彼女らと同じパーティ会場に向かってしまうのです。

会場にはすでにたくさんの人たちが集まってダンスを踊っています。私も真ん中の太い柱に激突しないようにダンスを軽やかに踊ります。
主催サークルの会長さんの挨拶の後、「これからお食事タイムになりますので、テーブルの方へどうぞ」という合図とともに、パン食い競争のように椅子に座っていた人たちが一斉に立ち上がり隣室のテーブルに向かいます。さすがにダッシュするマナーの悪い人はいませんが。テーブルの周りはあっという間に人だかりになります。お箸と紙皿を取って食べたいものをお皿に盛ります。取りあえず食べたいものをいち早くお皿に盛る、これがここでの暗黙の了解です。
 ああこの混雑ぶりは久しぶり。そうだ、バーゲン売り場で目玉商品に飛びつくあの人だかりと賑わいだ!主催するサークルの会員の方が提供してくれたお漬物や煮物、丁寧に皮を剥いたリンゴやナシなどの果物をいただきながら、和やかに談笑が続きます。割といつまでも残っているのがみたらし団子。喉に詰まって呼吸困難になるのが怖いのか,餅が入れ歯に張り付くのを恐れているのか、串を持って手が汚れるのを嫌っているのか。15分ほどするとテーブルの上の食べ物はほとんど片付いて紙コップと紙皿が雑然と置かれている状態になります。戦中戦後の食糧難の時代を生き抜いてきた人たちのバイタリティを感じます。このバイタリティ、ハングリー精神があるからこそ、70代80代になってもダンスを踊っていられるのだと妙に納得、納得

お腹がそこそこ満たされると人間は寛容になるようです。
音楽が流れ、ダンスが再開されるとまた混雑した会場になりますが、人とぶつかっても、踊りにくい相手と踊っても、まぁこんなものか、と許せるから不思議です。いや、それ以上に自分の体が軽やかに動かなくなっているのかも

人間は社交ダンスだけをして生きているわけではないのだから、食事付きパーティ、大いに結構ではないか!食事は生きていく上での基本。ダンスより団子、大いに結構ではないか。ダンスを踊るのも社交なら、一緒に食事をとって談笑するのも社交。


石原裕次郎の歌にもあるでしょう?「イルフよ、今夜もありがとう」 感謝、感謝
(それを言うなら「夜霧よ今夜もありがとう」) ヽ(´∀`)ノ

帰路、駐車場に向かう連絡通路で前後に人がいないことを確認してダンゴのステップで車に向かうのであった。スロー・スロー・クイック・クイック。食べそこなった団子のことを悔やみつつ・・・。





(イルフのパーティが毎回このようなパーティということではありません。クリスマスパーティなどの特別なパーティのことだとご理解ください。)

蓼科パークホテルの夜は更けて

パーティの催しでは男女1列に並んで次々と踊るミキシングや1分間ごとに近くの相手とカップルを組んで踊る1分間ダンス(チェンジタイム)などがありますが、昨年蓼科パークホテルのパーティではハロウィンの時期に合わせて仮装パーティの催しをしました。

 ここのホテルは昨年から社交ダンスパーティを再開し、地元長野県の他、山梨県、愛知県、新潟県、東京都など各地からのお客様が集まります。社交的な私としてはここに来れば、各地の女性と踊れるということで開催を楽しみにしています。しかも、1000円でパーティもできる、お風呂にも入れるということでお得感があります(夕食付の方は3500円です)。

さて、ハロウィンパーティ当日、県外からの参加者たちも数十人集まり、いつものパーティ風景と思いきや、いつもと雰囲気が少し違います。ここのパーティはいつもリボンの騎士、リボンちゃんと言われる人たちが数人いて、パートナーのいない人たちのお相手をしてくれますが、彼ら彼女らは準備よろしく骸骨男だったり、メイド姿、ミニーちゃんなどに変装していました。一般の参加者も仮装をしていいものか、どうか悩みつつも、頭には大きなリボンやカチューシャなどをつけたりしております。

3時から踊れるのですが、ディナータイム(17:30~19:00)を挟んで本格的にパーティが始まるのは7時から。ディナータイムになると参加者のほとんどがディナー会場に移動してしまうので、会場が急に広々してきます。踊っている人はパラパラで貸し切り状態。のびのびとスタンダード系を踊るもよし、一人シャドウをしてレッスンの復習をするもよし、40分くらい休みなくのびのび踊っていると、さすがに体もノビてしまいます。

7:00近くになると食事を終えた参加者がお腹が満たされた幸せな顔で会場に戻り、やがて賑やかに踊り始めます。

 ところで私のパートナーさんは仮装パーティのようなイベントが大好きで、私にも何か仮装をしろと言うのです。私、高校の文化祭で仮装行列に参加したことがあるくらいで、30年間ネクタイを締めて真面目な会社員で過ごしてきたので、ほとんど仮装の経験はありません。仮装なんか恥ずかしくてやりたくないと思っていたら、パートナーさんが「準備は私がしてくるから、とにかく仮装して」というのです。
 そして、仮装パーティ当日、彼女が用意してきたのは【包帯】。これでミイラ男になれ、と言うのです。その頃はまだ白内障の手術前で近眼のメガネをしていましたが、彼女がメガネを外して私の頭に包帯をぐるぐる巻きにするのです。目のところだけは辛うじて少しだけ空いていますが、メガネを外しているので、ボケボケです。彼女の方はスカートに飾りをつけたり、頭に目立つ飾りをつけてかわいい系でまとめています。どうせなら、私と合わせてミイラ女になってほしかった・・・

このミイラ男姿で「踊ってください」と女性に声を掛けると、知り合いの女性も私が誰か全然わからないようで、怪訝そうな顔をしてお相手してくれました。

ここの蓼科パークホテルのパーティは無料トライアルの時間があり、ルンバ、チャチャチャ、ワルツ、タンゴを皆さん気軽に楽しく踊ります
私も仮装をしたままパートナーとワルツを踊ったのですが、踊っている途中で包帯が緩んで、目にかぶさってきたのです。ただでさえ前が見えないのに、包帯が右目をふさぎ、やがて左目もふさぎ、ホールドをしているので両手はふさがっており、包帯を直すこともできず。もう後は雰囲気と勘で踊るしかなかったです。転倒したり人にぶつかったりしなかったのが幸いですが、楽しい思い出になりました。

 蓼科パークホテルでは今年も10月15日にハロウィンパーティを企画しているようですので、そろそろ今年はどんな仮装をするか考えなければいけません。あれ、あんなに仮装をいやがっていたのに楽しみにしている自分がいる

皆さんも今年は楽しく仮装をして参加しましょう

BT1499.gif 

公民館のフォーメイション

上手なカップルが踊るデモンストレイションは人気がありますが、一方で何人かで輪になって踊るデモを特に《フォーメイション》と言っています。

私がときどき顔を出している諏訪市の公民館サークルでは昨年、公民館の文化祭の催しとして、このフォーメイションをやりました。文化祭の催しは手芸品や写真、書道、絵画の展示、カラオケ、大正琴演奏、日本舞踊、楽器演奏などがありますが、社交ダンスのパフォーマンスは特に注目を浴びて人気があります。

公民館の講堂にはたくさんの観客。小さなステージは使わず、講堂の半分くらいのスペースで4組のカップルが四方からスタートして集合したり、また四方に離れたりしてタンゴを踊るのです。普段社交ダンスを見慣れない地域住民の人たちは目の前で繰り広げられるおじさん、おばさん(爺さん、婆さん?)たちの動きにはさぞ興味を持ったことでしょう。

 いつもパーティや競技会などでダンスを踊っている人たちは、なんだ公民館活動のサークルのフォーメイションかと思うのでしょうが、実はこの素人集団のフォーメイションが面白いのです。テレビなどの歌番組でステージで踊っているダンサーたちの踊りはきれいで安心感がありますが、この公民館活動のフォーメイションは間違わずに形を壊さずに、リズムを外さずにちゃんと最後まで踊れるのか、指導をした先生もフォーメイションに今回出ていない会員も、もちろん踊っている本人たちも観客もはらはらどきどき、緊張感があります。
 無事タンゴのフォーメイションを踊り終えると、観客からは割れるような拍手と感嘆のどよめきがありました。
衣裳がてんでんばらばらだったのでビジュアル的にはやや迫力がなかったかもしれません。統一したパーティドレスでメイキャップも競技会のようにばっちりだったらもっと拍手喝采、紙吹雪が舞ったことでしょう。

 嬉しいことにこのサークルでは今年秋の文化祭にもまたフォーメイションをやるぞ!と意気込んでいます。人前で踊るというのはダンスに自信のない人には敷居の高いものですが、「赤信号、みんなで渡れば怖くない!」です。踊り始めたら、観客の目は関係ない!自分たちが楽しめばいいのだ、という気持ちになってくるから不思議です。

「フォーメイション、みんなで踊れば怖くない!」

その公民館サークルで踊っている人たちが人前で踊ることの快感を味わって、そのうちパーティに参加したりトライアルなどにも挑戦して欲しいものです (*^_^*)

白内障の手術をしました

5月下旬に左目、6月上旬に右目の白内障手術を諏訪日赤で受けました。ここ数年左目の視力が落ちて、メガネでも矯正が出来なくなったためです。車の運転時など右目だけに頼っていて、疲れるのです。
左目の手術をした翌日、眼帯を外してみると裸眼で遠くのものがくっきりと見えるのです。水晶体を取り除いて人工眼内レンズを埋め込むのが今回の手術ですが、焦点を遠くに合わせたので遠くの景色が良く見えます。テレビの見過ぎで中学3年生頃から近眼用メガネをかけていましたが、メガネなしで遠くのものが見えるのは素晴らしいことです!
  しかし、右目はまだ手術前でメガネが必要。そこでメガネのレンズを左だけ取り外して掛けたところ、これがまた素晴らしい!ものが立体的に見えるのです。遠くの山、近くの木の枝が3D映像のように立体的に見えるのです。
IMAG0250.jpg 手術後初めて見た窓からの景色


ただ、手術をした左目では景色が明るく青みがかったように見えるのに対し、手術前の右目は褐色と緑が混ざったサングラスをかけたような色に見えるのです。今までお皿などの食器が渋で汚れたように思って磨き砂などでごしごし洗ったりしていたのですが、実は白内障のせいだったのですね。
  左のレンズを外したメガネをかけてダンスのレッスンやパーティに行ったのですが、誰も左のレンズがないメガネとは気が付きません。それで白内障の手術をして今はレンズのないメガネ、伊達メガネをしているのだよ、と言ってメガネの奥から指を出すと皆さんびっくりして笑っていました。

  両眼の手術も無事終わり、今ではメガネなしで生活しています。しかし、単焦点レンズのために、今度は近くのものがぼやけてしまいました。車の運転中のカーナビ、速度メーターなどのパネルくらいは何とかなりますが、新聞、スマホ、パソコンなどは老眼鏡が必要になります。しかも、目から50cm、30cm、25cmのものを見るのに一つの老眼鏡では間に合わないのです。仕方なく取りあえず、100円ショップで度数の違う老眼鏡を5個ほど買って、あちらこちらに配備しました。

  パーティに行って「白内障の手術をしたのです」というと、女性は「まぁ、それじゃシワが目立って困るわね」というのですが、ご安心ください。遠くのものははっきりと見えるのですが、踊っているときは近距離だからぼやけて全然シワなんか見えません。写真では女性を美しく撮影するためにわざとピントを僅かに外したりソフトフィルターをかけたりしますが、あれと同じで今までよりも美しく見えます。それに今まで白内障のために全体的にくすんで見えていたのですが、とても色白に見えます。皆さん、こんなに色白美人だったのかとシワわせな気持ちで踊らせてもらっています。少し歯が浮いてきたので、今度は歯医者に行かなければならないな

遠くへ行きたい♪♪

「知らない街を歩いてみたい どこか遠くへ行きたい♪」というのは「遠くへ行きたい」という歌の歌詞ですが、ダンスパーティに頻繁に行っている私も同じ気持ちです。

私が住んでいる諏訪・岡谷でも毎週のようにダンスパーティが開かれていますが、いつも顔ぶれは大体同じ。

確かにいつも同じ狭い地域のダンスパーティに行っていれば、参加者たちと顔見知りになれて踊りやすいということもあるでしょう。

でもいつも同じような人たちと同じようなステップを踏んでいるというのはマンネリになって、どきどき感が失われてしまいます。

それで私は車で行ける範囲であちらこちらのパーティに行くようにしています。諏訪からこんなに遠くに来たのだから、もう知っている人はいないだろうと思って行ってみると、何と、必ず知っている人が踊っているのです。お話をしたことはなくても、どこかでお目にかかった人がいるのです。本当にこの社交ダンスの世界は狭いですね。

馴染みのないパーティでも私は積極的にいろいろな女性に声をかけて、お相手をしてもらいます。

ときどき、すごく踊りやすい女性に巡り会うと、「とても踊りやすかったです。ダンスを始めて長いのですか?競技をしているのですか?」などと聞くと言いにくそうに「いいえ」という返事が。

後で聞くと、その人はそこのサークルで教えている先生だった、ということが数度。ガーーン。
わぉ、失礼なことを言ってしまった。恥ずかしぃ。
やがて頭の中にある音楽が流れてくるのです。
「知らない街を歩いてみたい どこか遠くへ行きたい♪」
次はどこのパーティに行こうかな。

プロフィール

rumbawalk

Author:rumbawalk
諏訪に住む60代のダンス愛好家です。
東京で単身赴任中、映画「シャルウィーダンス」に魅了され、映画と同じように家内にも内緒で社交ダンスを始めたものの、5年後くらいについに白状。

中南信地域に住むダンス愛好家が仲良く気持ちよく踊れるような楽しいブログにしたいと思っています。

最新コメント
カテゴリ
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

アクセス数
検索フォーム
リンク
QRコード
QR